患者さんとのコミュニケーション

看護師の方の中には、どんな患者さんとも様々な会話を楽しめる方もいますよね。しかし、逆に「うまく、コミュニケーションが取れない」と感じている看護師も多いと思います。特に、新人看護師の場合には、「どういったコミュニケーションを取れば良いのか分からない」と感じている方も多いでしょう。
コミュニケーションが苦手と感じている方の多くは、最初のうちはいくつか頑張って会話をしているものの、「もう話すことがない」と感じ、会話が途切れてしまうことが多いと思います。話が途切れてしまうと、「気まずいな」と感じるでしょう。こんな時は患者さんの様子を確認してみましょう。例えば、患者さんが何かを考えこんでいる様子であれば、「何か分からないこと、不安なことはありましたか?」と気遣ってみると良いでしょう。中には、イライラしているような患者さんもいると思います。こんな時には、患者さんは痛みがあったり、辛い状態であることもありますから、患者さんの様子を見て察知することが大切。よそよそしい態度をしている場合には、単に「人と接するのが苦手」という患者さんの可能性もあります。こういった場合には、無理に話しかける必要はありませんが、患者さんにとって楽しいと思える話題などを振ってみると良いでしょう。
このように、患者さんとのコミュニケーションが苦手と感じている方は、相手のことを上手に知れていないことが大半です。コミュニケーションを円滑にするには患者さん一人一人の状況を確認していくことで、どういった対応をしたら良いのか、どういった話題を振ったら良いのかを考えるようにしましょう。それぞれ価値観も違いますから、ものごとを決めつけた言い方をしたり上から目線で発言したりと不快な印象を与えない言葉選びを心掛けるのも大切です。患者さんとの距離感を縮めたい方はこのサイト【患者さんに安心を-すまいるDr.】が参考になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です