看護師は病院の顔

ハローワークやインターネットなどの「求人情報」は就職や転職活動の際に有効活用することができます。そこに記載されている「募集企業」の条件には免許や資格、経験を必要とするものがあります。たとえば「看護師」は医療のスペシャリストであり、当然看護師としての条件を満たすことが不可欠です。そのためには看護師の国家試験に合格後、免許を申請する必要があります。また、国家試験は筆記で行われますが、そこにたどり着くためには病院や介護施設などで実習を積まなくてはなりません。
看護の仕事は患者さんや家族に寄り添い、安心してもらえる環境を作る大変重要な仕事です。また、「安心」という表現は病院理念(企業理念)にも必ず登場することから、いかに相手を安心させるかが看護の仕事だといっても過言ではありません。実際に看護師の発する何気ない一言や態度によって、患者さんがひどく落ち込む場合もあります。医療機関は非日常な世界だけに、看護される側の気持ちは絶えず揺れ動いています。
看護師の仕事はハードなため、いつも完璧な対応は難しいかもしれません。しかし、可能な限り努力することが大切です。看護師は「病院の顔」になりますので、いつも笑顔で接することが求められます。
それとは別に、看護の仕事が向いていない人もいるかもしれません。極端な話ですが「血が怖い人」は解剖実習や病院などでの実習をこなすことが難しいと思われます。そのような場合は病院の受付窓口や医療事務などでの働き方もあります。無理はせずに、自分のスキルが生きる場所に身を置きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です