身だしなみが与える安心感

看護師の仕事をしている方は、それぞれ「こんな看護師になりたい」といった目標を持っているのではないでしょうか。看護師という存在は医療だけでなく、精神的安心を与える役割も果たしています。「少しでも患者さんに安心感を与えられる存在になりたい」と考えるのは当然のことでしょう。重篤患者さんの場合には、ほとんどの方が不安を抱いているため、この不安を少しでも取り除くことができる人は看護師としてみんなから頼られます。
患者さんに安心感を与えるために必要なのは心配りが一番ですが、それ以前に気にしておきたいのは身だしなみです。看護師という仕事は、何よりも患者さんにとって清潔感や安心感を抱かせる存在であってほしいもの。身体をあずけているのですから、患者さんにとって不安を与えてしまう様な身だしなみでは不安感を抱かせてしまいます。
身だしなみとして気を付けなければいけないのは、やはり清潔感。髪の毛も服装も手元なども、常に清潔を保つことが欠かせません。また、安全性があり、動きやすいスタイルであることも忘れてはいけません。時には、患者さんの対応により、ハードな動きなどが求められることもありますから、これらに常に対応出来るスタイルを保っておく必要があります。そして、何よりも落ち着いた印象であることが大切。落ち着いた印象を与えることが出来れば、患者さんにとっても話しやすい、相談しやすい存在となるでしょう。
このように、看護師の方が患者さんに安心感を与えるためには、身だしなみが大切なポイントとなってきます。普段から、気を付けている方が多いと思いますが、再度鏡をみて自分の身だしなみを見直してみた方が良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です